デコルテのぶつぶつを治す方法

デコルテのぶつぶつを治すには?

 

デコルテにぶつぶつができると、これはいったい何なんだろうと思ってしまいますよね。

 

デコルテのぶつぶつは、皮膚炎なの?それともニキビかイボなのかな?見た目だけではよくわからない場合もあります。

 

 

デコルテのぶつぶつが何なのかを確かめるには、皮膚科に行って診てもらうのが一番確実ですが、そこまでしなくてもっていう方は、自分でできるデコルテのぶつぶつを治す方法があります。

 

 

デコルテのぶつぶつで悩んでいるのは女性に多く、知恵袋などでもこんな書き込みがされているくらいで、デコルテのぶつぶつを解消したいっていう人の悩みは深刻です。

 

  • 今年の夏くらいから胸デコルテに赤いブツブツが少し出来ました。乳首付近に大きなニキビのような物が二個出来ました。今まで乾燥肌で、Tゾーンにしか出来たこと無いのでびっくりです。いきなりニキビって増えるのでしょうか?だんだん赤いブツブツが増えてるような気がして心配です!!二の腕にさめ肌があるので、胸にも出来てしまうんじゃないかって心配なんです。
  •  

  • 胸より上で鎖骨より下の部分全体なのですが、最近肌の色と同じぶつぶつができたんです。そのぶつぶつの中にてんがあります。たまにかゆくなって赤くなります。この原因と直し方が分かる方教えて下さい。できれば、皮膚科に行きたくないので、市販の薬で治す方法があれば、是非教えて下さい。
  •  

  • デコルテや首の小さなニキビのぶつぶつが治らなくて辛いです…。アレルギーもあってカサカサしてる部分もあります。皮膚科でお薬はいただいていますが治りません、、。理由もわかりません…。レーザーや美容注射、プラセンタ注射、ピーリングや何か飲み薬、美容医療、体の洗い方、洗うのに良い石鹸、半身浴方、何か少しでも効果があったものやオススメなものを教えてください。

 

こんなデコルテのぶつぶつに悩んでいる女性の書き込みがたくさんあります。

 

薬を塗っても治らないので、デコルテのぶつぶつの治し方で他に治す方法がないか探している方も多いようです。

 

 

そこで、デコルテのぶつぶつを治す方法を調べてみたら、ぶつぶつの状態によって治し方が違うようなので紹介しますね。

 

デコルテのぶつぶつはなに?

 

デコルテのぶつぶつは、ぶつぶつが何かによって治す方法も違ってきます。

 

ぶつぶつが何かを見間違ってしまうと、それによって治し方が違うので気をつけてくださいね。

 

 

デコルテのぶつぶつがニキビの場合

 

デコルテのぶつぶつがニキビの場合は、ニキビケアの対策をしなくてはいけません。

 

 

ニキビは毛穴がつまることで出てきてしまいます。ホルモンバランスの崩れている人や乾燥肌の人はニキビが出やすくなります。ニキビは皮脂の分泌が過剰になり、それが原因で毛穴がつまってしまい、老廃物がたまってしまうのでそこがニキビになります。

 

デコルテのぶつぶつがニキビの場合は、毛穴がつまらないように潤い成分で保湿することが大切です。

 

注意が必要なのは、顔ニキビと胸ニキビは原因となる菌が違うため、顔ニキビのニキビケアをしても効果がないということです。胸ニキビ用のニキビケアをしましょう。

 

 

デコルテのニキビケアでおすすめなのは、パピュレというデコルテにできたニキビを保湿成分、美容成分、美白成分でケアする薬用ローションです。薬でも治らなかったニキビを治すことができた、1週間くらいでニキビが出なくなった、ニキビが出なくなると再発もしないという口コミも多いローションです。

 

 




 

 

デコルテのぶつぶつがイボの場合

 

デコルテのぶつぶつがニキビに比べて少し盛り上がったようなイボの場合は、イボがなくなるケアをする必要があります。

 

 

イボは、加齢や紫外線、摩擦が原因で起きます。スキンケアを怠っていると、皮膚の老化やダメージが残ることでイボができるので、スキンケアをしっかりすることが大切です。

 

特に紫外線や乾燥には注意して、イボがなくなるだけでなくその後も再発しないように美容成分がしっかり含まれたイボ用クリームでケアするようにしましょう。

 

 

デコルテのイボ用のスキンケアでおすすめなのは、クリアポロンというイボ用クリームです。イボを取り除くだけでなく、お肌もすべすべにしてくれる成分も含まれているオールインワンなので美容効果も高く、再発もしないようです。

 




 

 

デコルテのぶつぶつが皮膚炎の場合

 

見た目が赤く小さなぶつぶつになっているのは、マラセチア毛包炎という皮膚炎です。

 

 

原因となる真菌(カビ)は、湿度が高く不潔になっていると増殖してきます。汗をかく時期になると、汗と皮脂が原因で真菌が増えてきます。またメイク落としが不十分な場合も、皮膚が清潔に保たれていないので真菌が増殖してしまいます。

 

かゆみを伴うため、ぶつぶつが出ているところをかいてしまうと、ますます炎症がひどくなるので注意しましょう。

 

皮膚炎なので、抗菌剤でなければ治りません。抗菌剤は皮膚科で処方してもらえますが、市販薬でも治すことができます。

 

 

デコルテのぶつぶつ用の市販薬でおすすめなのは、小林製薬が販売しているセナキュアという薬用スプレーです。テレビCMでも紹介されています。

 


 

デコルテのぶつぶつの症状

 

デコルテのぶつぶつがニキビの場合

 

ニキビは毛穴がつまり盛り上がっている状態で、顔にニキビはできた方は多いので見分けは付きやすいと思います。ニキビは顔の他にも、胸、背中、腕にもできます。

 

皮脂で毛穴がつまり老廃物がたまることが原因なので、スキンケアを心がけることが大事です。似たようなぶつぶつには、夏によくできるあせもがあります。

 

 

デコルテのぶつぶつがイボの場合

 

茶色いホクロのようなぶつぶつは老人性イボの可能性があります。ホクロのように盛り上がっていますが、色が茶色がかっていて、以前はなかったのにいつのまにかできていたというのは、イボだと考えてよいでしょう。

 

イボは病院でハサミやレーザーで取り除くこともできますが、イボの症状や大きさによってはできない場合もあり、費用も異なってきます。

 

 

デコルテのぶつぶつが皮膚炎の場合

 

赤いぶつぶつができて、かゆみ、腫れ、痛みがあります。赤いぶつぶつなので、周りとの区別がつきやすいのですぐにわかります。症状がひどくなると赤い発疹から体液がしみだしてくることもあります。

 

植物や金属アレルギーなどの原因もありますが、アトピーやじんましんの可能性もあるので、デコルテのぶつぶつが皮膚炎の場合は、一度皮膚科で診てもらった方がいいでしょう。

 

デコルテのぶつぶつの治し方(まとめ)

 

デコルテのぶつぶつが何かによって治し方は違ってきます。

 

 

デコルテのぶつぶつがニキビの場合

 

原因は毛穴のつまりなので、胸用ニキビケアで治しましょう

 

デコルテのぶつぶつがイボの場合

 

原因は加齢や紫外線なので、イボ用の美容クリームで治しましょう

 

デコルテのぶつぶつが皮膚炎の場合

 

原因は真菌なので、抗菌剤で治しましょう